/* */

ダークサイド に落ちないために、克服すべき2つのこと。

この記事は約3分で読めます。

ダークサイドに落ちないようにしよう。
ダークサイドに落ちてしまうと、這い上がるのにスゴい力が必要になるからだ。

ダークサイドとは

ダークサイドの意味とは?に詳しく書いてあった。

直訳すると暗黒面である。
要は悪い心の持ち主になることだ。

犯罪者は完全にダークサイドだ。
ネトゲ廃人、引きこもりもダークサイド側だろう。
社内失業状態もダークサイドにかなり近い。

ダークサイドに陥るには、人間の感情でいう嫉妬恐怖MAXになる必要がある。

だから、その逆を行く。
ダークサイドから離れるため、嫉妬と恐怖をMINにするのだ。

克服すべきことその1:嫉妬

嫉妬とは、漢字のとおり、ソネミとネタミだ。
カタカナにするとかわいいが、厄介な感情である。

嫉妬は他人から受ける場合もあるが、自分がこの感情に支配される場合もある。
問題は後者だ。

そうなると、完全に思考停止してしまう。
建設的な問題解決ができなくなる。

例えば、好きな娘が、友達の彼女だったりする。
嫉妬MAXの自分なら、その友達から彼女を、力づくで奪ってしまうかもしれない。

それくらい嫉妬は強力だ。
だから、ダークサイドへ簡単に行けてしまうのだ。

克服すべきことその2:恐怖

恐れることである。怖がることである。

自分の生命が危険に晒されると恐怖を感じる。
ナイフを持った強盗が目の前に現れたら、生きた心地がしないだろう。正に恐怖だ。
こんなことはめったに起こらないだろう。

身近な恐怖といえば、いじめられたり、仲間はずれにされたり、無視されたりすることだろう。
職場では仕事無茶振りされたり、理不尽に怒られたりすることだ。

恐怖から逃れるには2つしかない。逃げるか、闘うかだ。

逃走を選ぶと心がダークサイドに落ちてしまう。
その恐怖に屈してしまうからだ。

対策

とても難しいことだが、ダークサイドに落ちないためには、嫉妬と恐怖という感情をコントロールしなくてはならない。

人はちょっとしたことで、嫉妬や恐怖を感じてしまう。

寝て、次の日、ケロっと忘れてしまえばいいが、ずっと思い詰める人もいるだろう。
そうなると、ダークサイドに引き込まれて行く。

そうならないためには、自分の感情に、嫉妬や恐怖をちょっとでも感じたら、一旦、冷静になる必要があるだろう。
まずは、環境を変える。その場所から移動する。そして深呼吸だ。

で、考える。なんで、嫉妬しているんだろう。なんで、恐怖を感じているんだろうと。
そうすれば、客観的に自分を見つめ直すことができ、嫉妬や恐怖もやわらぐだろう。

まとめ

ダークサイドに落ちないためには、冷静さが必要だ。

嫉妬と恐怖はいきなりやってくる。ヤヴァイと思ったら立ち止まろう。
そして、ゆっくり、じっくり自分の感情の対策をするのだ。

この2つの感情は起こらないに越したことはないが、いろいろな人間と接しているとそうもいかないだろう。
とにかく、自分と対話して、落ち着こう。

スポンサーリンク