/* */

会社の飲み会に参加しても、「百害あって一利なし」である6つの理由

この記事は約6分で読めます。

会社の飲み会ですが、みなさんは、こころよく参加されていますでしょうか?

会社の飲み会は、仕事の延長のようで、気持ちはすすまないが、仕方なく参加していますという方、大勢いらっしゃるのでは?

実際、そんなことはありません。
会社の飲み会は「百害あって一利なし」なのです。
堂々と断りましょう!

理由その1:たばこ

まず、これですよね。

ハッキリいって最悪です。
たばこを吸わない人にとっては、地獄以外ナニモノでもない。

喫煙者は何事もなかったように、平気でスパスパしてるのも、激オコぷんぷんものです。
さすがに、煙は上や横を向いたりして吐かれているようですが、なんかエラそうでイヤです。

ここに規制がかからない限り、会社の飲み会は不参加確定でしょう。
わざわざ、金払って、健康を害する。
何のための飲み会なのか、全然意味が分かりません。

理由その2:アルコール

続いてアルコールです。

アルコールが飲めない人は、そもそも飲み会に参加してもつまらないでしょう。

まわりは酔っぱらって気持ち良さそうなのに、自分だけシラフで冷静でいられる。
これでは、完全にアウェーです。

まわりの陽気でアホな連中を見ていると、さらに冷静になってしまう。
いよいよ、つまらなく感じるでしょう。

そもそもお酒が飲めないのに、わざわざ会社の飲み会に参加する必要があるのでしょうか?
まったく、その必要はありません。

さっさと帰宅して、あなたの大切な時間を満喫してください。

理由その3:割り勘

最近の会社の飲み会の参加費は、原則一律割り勘です。
部長だろうが、ヒラだろうが、関連会社の人だろうが、参加費はみんな同じ額。

昔はけっこう、役職の高い人は、桁1つ違ってたりしていました。
具体的には、部長:1万円、課長:8千円、主任:5千円、担当:3千円とかです。

が、今では、割り勘。
その方が幹事としても集金しやすいからでしょう。

今の若者は、デートにおいても、自分の食べた分は自分で払うのが常識のようです。
そう考えると、このどんぶり勘定は理解されないでしょう。

そもそも会社の飲み会は、たくさん飲む人&食べる人、ジュースだけの人、小食な人がすべて同じ金額で参加する不思議イベントです。
まったく、割りが合いません。

会社の飲み会において、徴収される金額に見合う納得感が得られないのであれば、参加しても後悔することになるでしょう。
やっぱり、参加しない方がいいことになります。

スポンサーリンク

理由その4:むりやり一体感

では、最後は部長から一言、そして、一本締め。
このむりやり一体感の醸成は何なのでしょうか?

もはや伝統を通り越して、ロボットですね。
完全に、思考停止しています。

最近の若者は、特にこれが苦手のようです。
会社員としての公人より、個人の方が大事だからです。

彼らは、会社はお金を稼ぐところと、割り切っている。
自分の業務を遂行し、さっさと家に帰りたい。
当然でしょう。

会社の飲み会で、むりやり一体感を醸成しても無駄でしょう。
いち雇用者に、経営者感覚を押し付けられても困りますし。

飲み会であれだけ盛り上がったにもかかわらず、会社の給与支払いが滞ったら、翌日からは誰も会社なんて行かないのではないでしょうか?

理由その5:ハラスメントの横行

女子社員にお酌を強要するとかです。
いまだにそんなことがあるのかと、首をかしげてしまいそうですが、実際にあるようです。

女子社員も仕方なく、サービスでやってくれてたりします。
彼女たちはクールです。
お酌してやった方が、今後の仕事がしやすいと、割り切っているのかもしれません。

特に男性が多いですが、お酒を飲んで酔っぱらうと気が大きくなり、パワハラーに変身します。
だから、ちょっとぐらいいかと、ハラスメントしてしまう。

主任のぼくも、同期の課長から「おまえさぁ・・・」とか、上目線で声かけられた時は、さすがに無視しましたよ。
この程度の態度の悪さでは、パワハラとまでは言いませんが、非常に気分が悪かったです。

気の合う仲間どうしの飲み会であれば、ハラスメントは起こらないのではないでしょうか?
会社における飲み会という特殊環境ならではですね。

理由その6:マウンティングの横行


サルがほかのサルの尻に乗り、交尾の姿勢をとること。霊長類に見られ、雌雄に関係なく行われる。動物社会における順序確認の行為で、一方は優位を誇示し他方は無抵抗を示して、攻撃を抑止したり社会的関係を調停したりする。馬乗り行為。

コトバンクより

さすがに、実際に、馬乗り行為はされません。
やったら、レッドカード、一発退場です。(笑)
ですから、言葉を使って、マウンティングが行われます。

要は、過去の自分の成果や逸脱(悪さ)自慢です。
具体的には、
「オレは5徹(5日連続徹夜)して、あのプロジェクトを成功に導いた立役者である!」
「オレは、今は妻帯者であるが、若い頃は7股かけていた!!」
などなどです。

ホントーか?勘ぐってしまいますが、みんなスゲーっとか言って、同調します。
ここが日本のスゴいところです。同調圧力がハンパない。
ってゆーか、単にみんな、酔っぱらっているだけですけど。

女子社員も、「すごーい」とか言ってくれる。
本当の意味するところは、「すごーい、バカですね。」みたいです!

そもそも、会社の飲み会の参加者を見ると、そのメンツには共通点があります。
どいつもこいつも、マウンティング大好き野郎です。

なぜ、会社の飲み会では、自慢大会になるのでしょうか?
そこまでして、自分の価値を高め、人を落とし入れて、何になるのでしょう?

誰も、自慢したあなたのことを、好きになりはしません!
むしろ、ウザいと思うでしょう。

最も、マウンティングする人は、ちっともマウンティングしていると思っていないのでしょう。
ってゆーか、マウンティングということも、知らないのでは?

でなければ、今やっているこのマウンティングが、非常に恥ずかしいことであると自覚してしまいます。
昔から会社の飲み会で、マウンティングしている人は、もう後戻りできないのでしょう。

自己否定はツラいことですから。
知らなかったふりをして、恥を重ねるしか、彼らに残された道はないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

たまき
たまき
会社の飲み会は、たばこやマウンティングの横行など、害悪が大き過ぎます。

れな
れな
そうですね。たばこの煙やマウンティングですが、される方はたまらないです。

たまき
たまき
飲み会はオフィシャルではなく、気心触れる仲間内で開催するのがベターでしょう。

れな
れな
会社の経営者は飲み会以外で、一体感を醸成することを考えていただきたいです。